DMC-GF7がお買い得
2017-01-08 Sun 21:42

20170106GF7

先日DMC-GF9が発表されたので今後叩き売りされるであろうDMC-GF7をプッシュしてみたいと思います。



DMC-GFシリーズとは
パナソニックが販売しているミラーレス一眼カメラで小型モデルとして開発されたのがGFシリーズになります。更に小さなGMシリーズもありますが2014年にGM5が発売されて以降、新製品が出ず店頭市場でも見かけなくなっているので実質コンパクトモデルはGFになります。

DMC-GF7をプッシュする理由
・後継のDMC-GF9が1月中旬に発売されるため叩き売りが始まっている
・1月15日まで行われているキャッシュバックキャンペーンの対象になっている

DMC-GF7概要

•寸法(約):高さ6.46×幅10.65×奥行3.33cm(突起部を除く)
•質量1:約236g(本体のみ)/約336g(付属レンズ12-32mm、本体、バッテリー、メモリーカード含む)/約401g(付属レンズ35-100mm、本体、バッテリー、メモリーカード含む)
•レンズ:H-FS12032/12-32mm/F3.5-5.6/MEGA O.I.S./H-FS35100/35-100mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.
•付属品:バッテリーパック、バッテリーチャージャー、レンズキャップ/フード/ショルダーストラップ、USB接続ケーブル、CD-ROM
•有効画素数:1600万画素
•撮像素子:4/3型Live MOSセンサー 総画素数 1684万画素、原色フィルター
•シャッタースピード:60-1/16,000 秒
•動画 記録方式:AVCHD Progressive/AVCHD/MP4


DMC-GF7の長所

小型軽量
カメラを買うにあたり「何をしたいか」は機種選定では重要な要素です。
ポートレートを撮りたい、山で使いたい等、明確な目的があるとそれに見合ったカメラを探せば良いので選定は容易です。
逆に「スマフォやコンデジより綺麗な写真を撮って楽しみたい」のようなはっきりとした目的はないが一眼の世界に触れたい方は多くの情報に困惑してしまいます。
そういう方はまずはカメラを常に持ち歩けるカメラを購入するのがベストです。
理由としては
・バッグに入れても邪魔にならないサイズは常に持ち歩く気になれるので撮影機会が多くなる。
・どこでカメラを構えてもあまり目立たない

と、利用するのに身構えなくても良いところです。この2点はかなり重要な要素でスマフォのカメラ機能が使われる理由と合致する部分ですね。
あと、その後本格的なシステムを構築したとしても住み分けが出来るので無駄な資産にならないのもポイントです。

描写力
DMC-GF7のカメラ規格はマイクロフォーサーズと呼ばれるものです。
APS-C(例:キヤノンのEOS Kiss)やフルサイズ(例:ニコンのD810)と比較して描写力が弱いと言われていますが一般的なの撮影環境/写真を見る媒体を考えると十二分な描写力をもっています。
下記はGF7と同じ描写エンジンをもっているGM1/GM5で撮影したものです。現像したものではなく撮って出し(JPEG)になります。
P1750147P1750038P1790645P1790122
P1810576P1790367P1920705P1930089
※クリックで大きな写真が表示されます。

後はGANREFに投稿されている写真も参考にして下さい
GF7:http://ganref.jp/items/camera/panasonic/2752/photo
GM1:http://ganref.jp/items/camera/panasonic/2584/photo

GM5:http://ganref.jp/items/camera/panasonic/2725/photo

操作性
一眼カメラぽい小難しい操作もあります。
ですがスマホに近い、ディスプレイでピントを指定してシャッターを押す、操作でもきれいな写真が撮れます。
小難しいことを考えなくても使えるカメラ作りは流石電気屋といった所なのでしょうね。フォーカス合わせの速度も非常に早いのでストレスフリーで撮影が楽しめると思います。
他痒いところに手が届いている撮影機能については本家サイトで確認してみて下さい。

自撮り機能
一眼で自撮りも340gの軽量システムだからこそ出来るんでしょうね。
ディスプレイが上に180度回転するようになっているので確認しながら撮影ができるまさに「自撮り」。
そのあたりの機能をレビューした記事もありますので一読してみて下さい。
美白機能やフレンドリーシャッター等、自撮りに特化した便利な要素が色々用意されています。

ディスプレイの可動機能は90度まで持ち上げればローアングル撮影時にも便利。


GF7と言うよりマイクロフォーサーズ/ミラーレスの利点
・評価の高いレンズが数多く揃っておりなおかつ手頃な価格
・レンズを付けてもコンパクト
・設定内容(撮影される映像)がディスプレイに表示される
併せて欠点
・電池の持ちが悪い(よくて300枚)
・暗いところで撮るのが苦手
・俺一眼持っているアピールは出来ない



付属レンズについて

LUMIX G VARIO 12-32mm /F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.


単体価格では1.8万。34ミリ換算24-64mmのお散歩スナップはこれをつけていればOKな2.5倍の標準レンズ。自撮りもこのレンズを使う形ですね。
私も持っていますがカバンに放り込んでおくレンズとしては優秀ですね。

LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


単体価格は1.7万円。望遠域70-200mmの望遠レンズです。こちらは持っていないので評価はしかねますが利用者の評価を見る限り無難な感じですね。



一緒に買うと幸せなもの

25mm F1.7 単焦点 LUMIX G ASPH. 


34ミリ換算50mmの単焦点レンズでの撮影は基本項目とよく言われます。
距離感や画作り等の基礎を覚えるのに良いようです。このレンズはF1.7と明るく評判も悪くないのに2万円ちょっとで手に入ります。キャッシュバックキャンペーン中に手に入れれば1万ちょっとでゲットも可能。
特徴としては撮れる画がカリカリではなくふんわりなので優しい絵が撮れます。

OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ


本来の役目はボディキャップなんですがなぜかフィッシュレンズがついているおもしろレンズ。1万円弱なのに描写力も結構あり人気の1本です。

Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応




お散歩用途から遠出のお供まで小さいは正義を具現化したカメラだと思います。

関連記事
別窓 | 機材/ツール | コメント:0 |
<<D750を購入しました その1 | CPM43 -コスプレフォト by マイクロフォーサーズ- | ブラック★ロックシューター モデル:古都 雅さん>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| CPM43 -コスプレフォト by マイクロフォーサーズ- |